大会のあゆみ

回数 年度 西暦 主管 会場 大会テーマ・演題 演者役職 演者
10 昭和32 1957 10/13 滋賀県 大津市 滋賀会館    
        歯性病巣感染の問題点 京都大学医学部講師 小野尊睦
        義歯について 東京歯科大学教授 矢崎正方
        府県代表講演 11題    
        一般講演 41題    
        示説講演    
昭和31 1956 10/21 石川県 金沢市 金沢市中央公会堂・藤花学園ホール    
        顎炎に就いて 大阪歯科大学教 白山任男
        再度社保重大危機に直面して 日本歯科医師会副会長  
          参議院議員 竹中恒夫
        歯科診療のあすなろ物語 日本大学歯学部教授 正木 正
        府県代表講演 9題    
        会員研究発表 34題    
昭和30 1955 11/13 兵庫県 神戸市 神戸山手学園    
        根管治療と抗生物質使用の再検討 大阪歯科大学教授 坂  珖
        社会保険の推移と歯科医学 日本歯科医師会常務理事 竹中恒夫
        最近の日本内外情勢 産経新聞社(大阪)最高顧問 塩沢元次
        健保補綴の境界に対する理論と臨床 日本大学歯学部教授 沖野節三
        府県代表講演 9題    
        会員研究発表 32題    
        テーブルクリニック 6題    
        臨床研究室 4題    
昭和29 1954 11/14 京都府 京都市 京都府立医大附属病院    
        考古学    
        興味ある顎腫瘍の二、三について 大阪歯科大学 水野清一
        遊離端義歯について   七浦幸七
        社保と税について 日本歯科医師会常務理事 中沢 勇
        府県代表講演 10題   竹中恒夫
        会員研究発表 68題    
        示説 3題    
昭和28 1953 10/31 11/1 第5回日本歯科医学会総会    
  大阪市 大手前会館・大阪歯科大学病院講堂 他    
  「近畿北陸地区歯科医学大会」名称変更    
昭和27 1952 9/28 奈良県 奈良市 奈良県公会堂    
        歯科用薬物の特殊性に就て 大阪歯科大学 矢尾太郎
        現今開業歯科医制度から見た社会保険保存診療に就て 日本歯科医師会学術会議議長 檜垣麟三
        偏側義歯に就て 大阪大学 渡辺 悌
        会員研究発表 31題    
昭和26 1951 8/26 和歌山県 高野山 金剛峰寺別院・高野山大学    
        (特別講演) 大阪歯科大学 七浦幸七
        歯髄疾患と診療報酬に就て 東京歯科大学 杉山不二
        臨床に直結する有床義歯の構成法に就て 日本歯科大学 山口秀雄
        府県代表発表 7題    
        会員研究発表    
        臨床研究室    
        示説    
昭和25 1950 5/28 兵庫県 神戸市 神戸商工会議所    
        機能的顎矯正法(アクチバートル)の理論と実際 大阪大学 石河圭介
        社会保険診療における保存療法 東京医科歯科大学 檜垣麟三
        現行社会保険制度に関連して歯科医師の向上と奮起を促す 日本歯科医師会顧問 真鍋満太
        府県代表発表 5題    
        会員研究発表 43題    
昭和24 1949 10/30 京都府 京都市    
        技工士問題に関して開業歯科医の反省を促す 日本歯科医師会嘱託 真鍋満太
        予防矯正の新しい問題、古い問題 日本歯科大学 榎  恵
        研究発表 19題    
        府県代表発表 3題    
昭和23 1948 10/31 大阪府 大阪市 大阪歯科大学    
      「日本歯科医師会学術会議 近畿地区歯科医学大会」