大会のあゆみ

回数 年度 西暦 主管 会場 大会テーマ・演題 演者役職 演者
20 昭和42 1967 11/12 奈良県 天理市 天理市民会館    
        第10同日本歯槽膿漏学会と併催    
        学術・観光映画・音楽    
        日本歯槽膿漏学会の10年を顧みる 東京医科歯科大学教授 今川与曹
        シンポジウム 歯槽膿漏症の治療をめぐって   木村吉太郎
              中村恭政
              石川 純
              佐藤徹一郎
              若野洋一
              青野 健
              小西浩二
        11P.M.ドクター放談 大阪赤十字病院内科部長 木崎国嘉
        テーブルクリニック 5題    
        一般講演 34題    
19 昭和41 1966 9/18 福井県 福井市 福井県民会館    
        越前義経記 福井新聞主事 青園謙三郎
        口腔出血の診断とその処置方針 東京歯科大学 大井 清
        アトラクション 小浜「雲浜獅子舞」    
        テーブルクリニック 4題    
18 昭和40 1965 10/17 京都府 京都市 京都会館    
        観光映画    
        根管治療の問題点をつく 大阪歯科大学教授 福地芳則
        歯槽膿漏治療における薬物応用の臨床価値について 東京歯科大学教授 木村吉太郎
        現在社会と憲法 立命館大学総長 末川 博
        シンポジウム 小児歯科・外科
   
17 昭和39 1964 9/20 兵庫県 姫路市 姫路市市民会館    
        観光映画    
        総義歯における個性美の表現 大阪歯科大学教授 中村俊一
        口腔悪性腫瘍の初期診断 日本大学歯学部教授 中村平蔵
        会員発表 20題    
16 昭和38 1963 10/26 10/27 第10回日本歯科医学会総会 大阪市
大阪フェスティバルホール・大手前会館
   
15 昭和37 1962 11/18 和歌山県 和歌山市 和歌山県経済センター    
        観光映画    
        歯科医業の合理化問題について 大阪歯科大学・大阪大学講師 北野信治
        小児歯科領域における補綴の問題 日本大学歯学部講師 深田英朗
        歯槽膿漏について 大阪歯科大学講師 宮野 昇
14 昭和36 1961 9/23 富山県 富山市 富山市公会堂    
        特別講演    
        一般講演(会員発表)    
        シンポジウム・学術映画    
13 昭和35 1960 10/30 京都府 京都市 京都会館    
        学術映画2    
        咬合採得に関する理論と実際 大阪歯科大学教授 中村俊一
        根端病変のX線像殊に上顎洞との関係について 東京歯科大学教授 三崎 郎
        日常実施する外科的処理の合併症不快事項とその分析並びに 九州歯科大学教授 平川正輝
        その処理について    
        日本的とは 京都大学教授 桑原武夫
        臨床研究室 4題    
        一般講演 27題    
12 昭和34 1959 10/11 兵庫県 神戸市 神戸商工会議所    
        観光映画    
        続間接法における歯冠補綴 元日本歯科大学教授 細野来馬
        二、三最近の歯科用薬物について 大阪歯科大学教授 矢尾太郎
        南極探検と地球観測年の意義 元南極探検隊長 永田 武
        臨床研究室 3題    
        一般講演 31題    
        学術映画教室 2題    
        示説 4題    
        目で見る臨床研究室 3題    
11 昭和33 1958 10/18 大阪府 大阪市 大手前会館    
        総義歯の診断と印象 大阪大学歯学部教授 河合庄治郎
        臨床矯正あれこれ 大阪歯科大学教授 太田 実
        代表講演 12題    
        一般講演 56題    
        示説 3題